落語と宗教観「でも、こんな地獄はこわないで。一度行きたいわ」

たくさんのお運び、誠にありがとうございますm(__)m。Web亭落語講座、案内人の落語語朗(らくごかたろう)と申します。皆様に落語の魅力を紹介しております。

大晦日、除夜の鐘とともに神社仏閣にお参りに足を運ぶという方もたくさんいらっしゃると思われます。家内安全、商売繁盛、そして健康のこと…大晦日から元旦にかけての初詣は一層、ご利益がありそうな気がいたします。

日本人は無宗教と言われたりしますが、現在も日常生活のいろいろなところに信心の行いはございます。車に交通安全のお守りつけている方も多くいらっしゃいますし、お子さんの受験ともなれば、どこのお守りがいいだろう、って真剣に考えてしまいませんか?

落語の演目にも宗教観があらわれたお噺がたくさんあります。幸せになりたいものだ、という昔の人の願いが反映しているのでございましょう。地獄と極楽、双方ともに落語の演目には取り上げられておりますが、どちらかと言えば、地獄を滑稽に描いたものが多うございます。死んで地獄に行くのは怖い、それなら思いっきり地獄を茶化してやれ、ということなのでしょう。

古典落語の演目「地獄八景亡者戯(じごくはっけいもうじゃのたわむれ)」は1時間を超える大作です。それだけに、演じ手の力量を問われます。至って気楽な主人公がサバで一杯やってゴロッと寝てしまったらあの世へ旅立ってしまいます。六道の辻、三途の川、賽の河原、閻魔の庁という所々であの世の番人たちを困らせるというお噺です。

こちらのお噺、是非とも米朝一門の噺家さんでお楽しみください。米朝師匠、枝雀師匠、吉朝師匠、皆さん独特の味を出されております。同じ米朝一門の雀々師匠は高座に地獄のセットを組んで、白装束でこのお噺を語る演出をされたこともあります。雀々師匠は全国の地獄に所縁のある土地でこのお噺を演じるツアーなんかもされております。

その他の地獄をテーマとした演目には「お血脈(おけちみゃく)」や「ちゃづけ閻魔」などがございます。「お血脈」は長野県の善光寺で配られるお札を貰うと、どんな罪人でも極楽へ往生できるという信仰から、そのお札を求めることが流行り、地獄に来る亡者が激減、閻魔大王が危機感を抱く、という内容です。

「ちゃづけ閻魔」は閻魔大王、お釈迦さま、キリストさまが面白く絡むお噺です。この演目ではこちらの三人は同じご町内に住んでます。

京都の東山区にある六道珍皇寺は「六道さん」の通称で親しまれております。古来から都の人々はこのお寺の付近を現世と冥界の接点、六道の辻と呼んでおりました。小野篁(おののたかむら:平安時代の公卿で百人一首にその歌が収められております)が冥界に通ったとの伝承がある井戸があります。

また、境内の閻魔堂には閻魔大王様の像が鎮座されております。そんなことから、8月のお盆の時期は、現在も六道参りに訪れる人々で賑わいをみせています。 

落語のお噺とは関係はございませんが、温泉の地名には地獄谷という地名が結構ございます。長野県の下高井郡山ノ内町にある、地獄谷野猿公苑は世界で唯一温泉に入る猿がいるとして有名です。海外でも「スノーモンキー」の愛称で有名です。

いかがで、ございましょう。こんな地獄なら一度訪れてみたくなりませんか?以上、地獄と宗教観の一席でございました。お後が宜しいようで…m(__)m

Read More

女子萌え落語に夢中です「やっぱり芸も光ってる」

たくさんのお運び、誠にありがとうございますm(__)m。Web亭落語講座、案内人の落語語朗(らくごかたろう)と申します。皆様に落語の魅力を紹介しております。

街中でスカウトされて、アイドルに…芸能界よく耳にするシンデレラストーリーで、女の子は一度はそんな夢を描いたりするものでございます。まぁ、昨今はパパさんママさんが揃って、我が子がアイドルになるのを応援して小さい頃からレッスンに通っているなんてことも多いようですが…

落語は伝統芸能でありましたから、長い間プロの噺家(落語家)さんは男性だけでございました。初めて、女流真打が登場したのは1990年代になってからのことでございます。落語と同じ伝統芸能の義太夫では明治の頃から女流の演じ手が人気を集めておりました。娘義太夫とか女義太夫と称されておりました。

ちなみに、この明治期の娘義太夫、今のアイドル同様、熱心なファンが多数存在して、「どうする連」と称される追っかけまであって、かの夏目漱石さんも結構夢中になっていたそうです。

でも、NHKの連続テレビドラマ「ちりとてちん」がきっかけになって、落語に関心を持つ女性が増えてまいりました。落語家を目指すヒロイン役の貫地谷しほりさん、よかったですな。はまり役です。そうしたことから、お若い女性のなかでも落語にチャレンジしてみよう、プロの噺家さんを目指してみようという方も増えてきています。

京都のとある老舗の女子大学の落語研究会さんなんか、芸のレベルの高いことで有名でございます。また、「ちりとてちん」の舞台にもなった福井県の小浜市では、毎年「ちりとてちん杯全国女性落語大会」が実施されていて、75名の参加申し込みの定員もすぐにいっぱいになってしまうのだそうです。もちろん、参加資格は女性です。

このような女性の落語ブーム、やっぱり良いですな。華があります。着物の所作なんかも、お茶やお花をやっておられる女性とはまた別の優雅さを感じさせてくれます。しかしですな、女流噺家さんが感じさせてくれるものは、華だけではありません。

それは、ブームになる前から芸に精進なさっていた先達の功績ってものがあるからでありましょう。落語のお噺はほとんどが男目線の内容です。廓噺、間男の噺なんかもございます。そんなところも、女性の噺家さんが少なかった理由とされています。そんな芸のなかに女性の視点、ということを開拓されたことによって、落語の面白さが一層、際立ってきたのでしょう。

元々、お客さんは女性も多かったわけですからそういった視点の落語は求められていたのかもしれませんが、特に桂あやめ師匠の「京阪神日常事変」なんかは京都、大阪、神戸、それぞれの都市出身の若い女性の特徴が面白おかしく語られております。

もしかしたら、将来、秋葉原あたりに女性の噺家さんだけの高座が毎日開催されているかもしれません…以上、女子萌え落語の一席でございました。お後が宜しいようで…m(__)m

Read More

名人列伝「米朝、枝雀、小三治、志ん朝」彼らの芸と人生

たくさんのお運び、誠にありがとうございますm(__)m。Web亭落語講座、案内人の落語語朗(らくごかたろう)と申します。皆様に落語の魅力を紹介しております。

何の世界にも名人はいらっしゃいますな。もちろん落語の世界にも名人と呼ばれておられる方々はいらっしゃいます。まぁ、十人の落語ファンがいれば、十人の名人がおるのではないかと思いますが、万人に愛される名人と言われる方はどんな方なのでしょうか。

私が今日、名人としてご紹介させて頂きたいのは西の米朝、枝雀、東の志ん朝、小三治(桂米朝、桂枝雀、古今亭志ん朝、柳家小三治)でございます。では、お生まれの順にご紹介いたします。厳密にはそれぞれ何代目という表記をつけるべきかもしれませんが、皆さまのお馴染みの代の師匠でございます。

桂米朝師匠は1925年(大正14年)のお生まれです。上方落語中興の祖と言われており、重要無形文化財(人間国宝)に認定されております。戦中・戦後、噺家さんたちの数も減りましたし、修行なんかもままなりません。上方落語はこのまま滅んでしまうのではないかという時期、演目(落語のお噺の内容)の活字も録音も失われているような状況のなか、昔、聴かれた記憶を頼りにたくさんの演目を復活させました。

上品な語り口で、同じ関西弁でも、大阪弁と京都弁の違いは米朝師匠のお噺を聴くとその違いというものが実によくわかります。後述の枝雀師匠はお弟子さんでございます。

古今亭志ん朝師匠は1938年(昭和13年)のお生まれです。東京の駒込出身で豪気な芸風が売りでございました。大阪のお客さんにも江戸落語の真髄を広められた方でございます。たいへんにお酒が好きで、それもあるのでしょうか2001年、まだお若いのに惜しまれながら亡くなられております。志ん朝の枯れた芸が見たかった、と多くの方が申されます。

桂枝雀師匠は1939年(昭和14年)のお生まれです。「ずびばぜんね~(すみませんね~)」に代表される滑稽で大きなアクションが芸風です。米朝師匠のお弟子さんなのですが、芸風は正反対です。お弟子さんの桂雀々師匠はいつも仏教の本を紐解いておられたもの静かな方だったと述べておりますが、ご自分の芸に関して、たいへんにストイックな方で常に研鑽をされていた方でした。

「枝雀の顔を見られただけで笑われるようになりたい)」が口癖でした。1991年にお亡くなりになられております。

柳家小三治師匠は1939年(昭和14年)のお生まれです。小三治師匠も人間国宝でいらっしゃいます。ぶっきら棒に飄々と朴訥に語る芸風です。本物の芸とは「お客さんが無意識に笑ってしまうもの」という信条をお持ちです。

たいへんに多芸多趣味でお若い頃は革ツナギでナナハンで寄席に現れていたそうでございます。俳句も嗜まれていて、米朝師匠や入船亭扇橋師匠、永六輔さんは俳句仲間でいらっしゃいます。

今回、ご紹介した方々を取り上げたのは上品さ、豪快さ、滑稽さ、朴訥さいずれも落語の芸風としてだけではなく、人として身に着けていたい魅力なのではないかと感じたからでございます。

以上、名人列伝の一席でございました。お後が宜しいようで…m(__)m

Read More

学校寄席、やりませんか?母校で後輩に伝統文化を伝えてください

たくさんのお運び、誠にありがとうございますm(__)m。Web亭落語講座、案内人の落語語朗(らくごかたろう)と申します。皆様に落語の魅力を紹介しております。

夏休みを楽しみにしているのは子供たちだけではありませんな。大きくなっても夏休みは楽しみなものであります。大学生なんかは二ヵ月も夏休みがございます。まぁ、大学生さんは春休みも二ヵ月くらいありますので、うらやましい限りでございます。

でも、最近は公立の小中学校でも、エアコンを完備しているところが増えているそうで、その関係で夏休みは短くなっているんだそうでございます。首都圏でも関西でも8月中に二学期が始まるところが多いそうですな。

時代の流れとでございますかな。私も学校はエアコンで冷房を入れるのは賛成ですが、エアコンの設置でストーブがなくなってしまうのはなんとなく寂しい気がします。寒い冬に先生の目を盗んで、学校のストーブで焼いたお芋やお餅は格別の味でした。

私の知り合いに中学校の先生をされている方がおるのですが、先日、この知人と飲んだ時に、学校の先生は夏休みがあってうらやましい、と云いましたら「何を云ってるんですか。夏休みの時期はたいへんなんですよ。授業の研修やら部活の仕事やらキャンプの行事やら…休めるのはお盆の一週間だけですよ」とのことでありました。

今年なんかは、夏休みではなく、春休みのことだったそうですが、修学旅行の担当だったそうで、京都へ二泊三日で下見の出張だったそうで…いや、それはそれで、やっぱりうらやましいような気がしますが…

その知り合いが申しておったのですが、学校のイベント考えなければならないそうです。中学生が日本文化、教養を身に着けるためのイベント…私、思わず落語家さん呼んで、学校寄席やりなはれ…と提案してしまいました。やっぱり、中学生も伝統的な芸能に触れるべきでっせ、それには楽しめる要素もある落語が最適や。

…思わず、関西弁になってしまいました。しかし、芸をみがくこととともに新しいファンを開拓して文化を伝えていくことも噺家さんの重要な役割です。噺家さんにとっても意味の大きいことです。実は学校寄席は私のアイディアというわけではなく、実践されている噺家さんも多数おられます。なかには定期的に自分の母校で無償でやられている方もおります。噺家はん、一度は母校で学校寄席、やってくんなはれ。

それに噺家さんの営業にも、巡り巡って還ってきまっせ。考えてもみなはれ。子供たちが落語好きになってくれれば、この先何十年もお客さんになってくれるんでっせ。それに、子供さんのことなら、一人で落語を聴きに行こ、とは思わへんでっしゃろ、「お父ちゃん、お母ちゃん寄席につれててぇな」てなことになりますわな。子供さんのファン一人がもう一人、二人とお客さん連れ来るがな。

競馬があれほどポピュラーになったんも、女性ファンの獲得に成功したからや。競馬場を綺麗で楽しめるアミューズメント施設化して、競馬知らん女性が彼氏と一緒に出かけていってもたいくつせん。そういうお人が何度か足を運ぶうちに、競馬ファンになっていったんや。

またまた、関西弁になってしまいました…しかしながら、落語を通して触れる人間の情ってものは家庭のありかたや友人関係の構築にきっとなにかを問いかけるはずでございます。噺家さんと先生の両方にお願いでございます。学校寄席、是非是非ご検討くださいませ。

以上、学校寄席やりませんかの一席でございました。お後が宜しいようで…m(__)m

Read More